水彩画 (5)

サンマルコ寺院。



e0109883_1319457.jpg

イタリア ベネチア


---------

水彩画の描き方を説明した本はたくさん出ている。
私もいろんなテクニック本を買い漁った^^
イギリスにはアダルトスクールというのがあって
(AVではないです)、夜間、使われていない高校や
大学を活用して、絵や自動車の修理、外国語などを
安く教えてくれるシステムがある。
私も定年を迎えた方々とともにそこで水彩の基礎を勉強した。
週に一回、会社の帰りに寄っていくだけだ。
まあ、本を読めばわかることくらいなのだが^^

私がよく使っていた水彩用紙はBockingford(英)とヴィフアール(旧コットマン)(英)、
たまにファブリアーノ(伊)、アルシュ(仏)など。
紙の重さはA4以下なら90g、大きいものは300g。

絵の具や紙の質も大人っぽい水彩画には重要だが、
もうひとつ重要なのは色を使いすぎないこと。
6色あれば基本的に十分で、あとはアクセント的に
ちょっと追加する程度。アリザリン・クリムゾン、カドミウム・イエロー、
カドミウム・レッド、フレンチ・ウルトラマリン、イエローオーカー、
フッカーズ・グリーン(サップグリーン)、ちょっと暗くするならペインズ・グレイも。
色を制限することでトーンに統一感が出る。
[PR]

by tullyz2 | 2012-07-21 16:10 | Comments(14)

Commented by roxanne6 at 2012-07-21 18:22
自動車修理もあるんですね、ヘインズのマニュアルなんて充実してますものね
サンマルコ広場にいるオネーサンを想像しています^^
Commented by tullyz2 at 2012-07-21 18:41
>roxanne6さん
私がイギリスにいた頃は自動車を自分で直す人は結構いました。
近所に古いベンツを買ってきてエンジンまでオーバーホールして高値で売っている人もいました。
車の修理マニュアルが本屋でも売ってましたね。
修理部品を買っていく人もよく見かけました。というのは
私も買いに行っていたからですが^^
修理工のレベルが低くて、修理に出すと余計に壊れるという話も冗談ではなかったです。
オネーサンを入れるのは水彩画時代からのスタイルなんですよね^^
Commented by sacra-fragola at 2012-07-21 18:50
こんばんは。
本日は東京もぐずついたお天気でした・・・。
なので、ヨドバシまで頼んであったものを取りに行っただけ
で一日が無駄に終わってしまいました。
こんな時こそ水彩画でもやれば良いと思うんですが・・・
なかなか店を広げるのが億劫です。
やはり、アトリエがあっていつでもさっと筆をとれる環境というのが理想ですね。
Commented by speedstar-dhy at 2012-07-21 19:26
こんばんは。
学校を利用するスクールなんですね。自動車修理なんて興味あります(*^_^*)。
最近うちの娘も熱心に絵を描く様になっていて、いろいろと楽しませてくれています(*^_^*)。
Commented by minton at 2012-07-21 20:41 x
色を使いすぎない。なるほど。勉強になります。
ちょっと質問なんですが、紙は水貼りするんですか、それともブロックですか?
Commented by tullyz2 at 2012-07-21 20:53
>sacra-fragolaさん
こっちは曇りのち晴れのち雨でした。25度くらいだったので
半袖半ズボンで家にいたら寒くなってしまいました^^
ヨドバシに頼んであったレンズでしょうか^^
私もヨドバシにいろいろ注文しています。送料無料は田舎住まいにはありがたいです。
気分転換に出かけるのはいいじゃないですか。
何かするときの準備が億劫ですよね。
でもいつでもお店を広げていられるほど大きな家でもないのですよね^^
それに、レザークラフトなどいろんなお店を広げないといけないので、なおさら無理です^^
Commented by tullyz2 at 2012-07-21 20:57
>speedstar-dhyさん
社会人のための教育の環境があるというのはありがたいものですよね。
昔の自動車は電子部品なんてないので修理が可能ですよね。金属カメラと同じです。
子どもの絵って楽しみですよね。うちも、娘が初めて描いてきた抽象画が
今でも飾ってあります^^
Commented by tullyz2 at 2012-07-21 21:12
>mintonさん
ちょっとしたことなんですが、そのコツを知っていると全然違います。
まあ、写真も同じなんですがね^^
紙の貼り方ですか、とてもいい質問ですね^^ 
私が学校で教わったのはこんなやり方です。
まず、大きさ60x45cm厚さ4mm程度の合板を用意します。
それに紙を置いて、4辺をクラフトテープ(水で湿して貼るタイプ@ホームセンター)または
粘着力がそれほど強くない紙ベースのテープ(百均など)で固定します。
そうしたら、紙に水をぶっかけて、水をふき取って、ドライヤーで乾燥させてから
描き始めます。
でも小さな紙ならテープで固定するだけでも十分なんですけどね。
というわけで、今日の絵みたいに周りが白く残っているわけです。
Commented by rogan-works at 2012-07-22 01:30
こんばんは。

ああ、この光と影のコントラストもいいですね。それでいて水彩画ならではの柔らか味が何ともいえません。アナログの良さが出ていますね。手前の親子連れのシルエットも何とも言えませんね。とてもいい絵だと思います。
Commented by tullyz2 at 2012-07-22 09:41
>rogan-worksさん
絵は写真と違って自分が描きたいように描きます。
天気が悪かったからという言い訳はあまり意味がありません^^
親子もどこかから勝手に連れてきたような気がします。
色も色温度調整以上に自由に変えてます。
写真もRAW現像やレタッチが自分でできるようになったので
自由度が高まりましたよね。
Commented by swingphoto at 2012-07-22 10:38
絵も描かれるのですね、素晴らしいですね。
私も若い頃は、油絵を少し描きましたが、
もう画も楽器も望郷の彼方のようです。
シャッター押すだけの写真すら撮る時間がとれない日々が続いていたんですから、
もう少し、ゆっくり時間が取れるようになりたいものですが
しばらくは、我武者らに働くことになりそうです。
Commented by tullyz2 at 2012-07-22 10:59
>swingphotoさん
絵を描くのかといわれるとお恥ずかしい限りですが^^;
私も最近は全然描いておりません。いわゆるネタ切れです^^
スランプということでもあります。
お仕事、忙しそうですね。自分の時間もなかなか取れないのかもしれませんが、
今の時代、そのくらいの方がありがたいということなのかもしれません。
Commented by voyagers-x at 2012-07-22 11:25 x

おはようゴザイマス!!
柔らかいタッチですね。紙質がコットンで素朴なざらつきがあって、そして水彩絵の具の色乗りがちょうどいいのでしょうね。水で薄めながら濃すぎないように色を重ねる、見事な筆裁きですね。絵の下手な僕からみると、達人です^_^; 今日は珍しく忙しい当番医になっています。外が暑いからみんな疲れてるみたい。点滴室が足りません(笑) 水分十分取って下さいね。ではまた明日。

Commented by tullyz2 at 2012-07-22 11:59
>voyagers-xさん
そうなんですよ、プリンターと同じで、絵の具だけがよくても
小学校の画用紙では色乗りがだめなのですよね。
絵の具より紙の方が重要かもしれません。
今日の絵はちょっと説明しすぎな感じでいまいちです^^;
そちらは暑いのですね。こっちは昨日から涼しくて、
夕べも夜中に寒くてタオルケットを追加しました^^
まだ半日ありますが、頑張ってください。

<< 水彩画 (6) 水彩画 (4) >>