紅葉の鎌池 (11)




e0109883_1855525.jpg





e0109883_186468.jpg



おしまいです。


----------

R-D1の分解・調整について書かれたサイトが無くなってしまっていたのだが
別のサイトに移管されていた。

THE EPSON R-D1 WEB REPOSITORY
http://cameraquest.com/Epson-R-D1/_r-d1/r-d1_01.htm
[PR]

by tullyz2 | 2012-11-15 20:09 | Comments(16)

Commented by sacra-fragola at 2012-11-15 22:03
こんばんは。
1枚目・・・何か昨日と違う・・・
やはり、M9+Noctilux でしたか・・・
鮮やかなんですが上品、綺麗な色ですね~。
特にフルサイズでNoctiluxは生きるような気がします。
今週・・・行きたいな~紅葉見に・・・
Commented by speedstar-dhy at 2012-11-15 22:34
こんばんは。
ノクティルックスで撮る紅葉はひと味違いますね。
澄んだ感じもいいです。
Commented by izumi-suzuki at 2012-11-15 22:35
こんばんは。
少し忙しくしていて、しばらくご訪問できませんでした。
紅葉の山、美しいですね。  この頃の山の色って、フランスの古いゴブラン織りのタピストリとか、イギリスのふっくらとしたツィードのジャケットとか思い出します。暖かいイメージがあるのかも。
綺麗な花は子孫を残す為だけど・・・・綺麗に染まる葉っぱにはどんな理由があるのかな?  木の実が成ったお知らせ?
Commented by roxanne6 at 2012-11-15 22:43
R-D1のサイト、分解までしてるんですね
距離計の縦ずれは無印では頻発しましたから、こぞってアクセサリシューを外して調整してましたね。
例の写真展のメンバーは皆R-D1でのつながりが基になっています
Commented by rangefinder-love at 2012-11-15 23:03
こんばんは〜。
次のシリーズも期待していま〜す!次はなにかな〜??
Commented by tullyz2 at 2012-11-15 23:13
>sacra-fragolaさん
あんまりノクチっぽくないのですが、まあ独特なものがありますね。
でもレンズに頼りすぎている感じもあって、困ったものです^^
期待が高すぎると普通に撮れてもがっかりです。
やはりM9で活きてきましたね。R-D1でもM8でもいまひとつでしたから。
今週末は渋滞していないといいですね^^
Commented by tullyz2 at 2012-11-15 23:13
>speedstar-dhyさん
ノクチはもちろんいいですが、いつもこればかりだと
面白くなくて^^ 贅沢なもんですね。
曇った夕方なのでここまで再現できれば御の字です。
Commented by tullyz2 at 2012-11-15 23:13
>izumi-suzukiさん
忙しいときはブログなんてやっている場合ではないですものね^^
まあ、所詮暇つぶしか息抜きです^^
あとはちょっと刺激を求めて、とか。
ゴブラン織り^^ そういう表現は女性ならではですね。
久しぶりに聞きました、その言葉。そういわれみると
確かにそうですよね。ぴったりな表現です。
木の実が成ったお知らせ^^ そう来ましたか。
そういうことを考えているだけで楽しくなりますね^^
Commented by tullyz2 at 2012-11-15 23:13
>roxanne6さん
すごい情報でしょ。分解する必要が出てきたらかなり参考になりそうです。
知り合いのR-D1のバッテリーメーターがおかしくなった時
ここの情報で直りました。
最近はアクセサリーシューを外していません^^
皆さん、R-D1の頃から遊んでらしたのですね。
私も写真を始めたのはR-D1からです^^
Commented by tullyz2 at 2012-11-15 23:13
>rangefinder-loveさん
次はちょっと一息入れます^^
紅葉の続きはその後で^^
Commented by voyagers-x at 2012-11-16 10:24 x

おはようゴザイマス!!
レタッチを語ればキリが無いですね。実は写真なんて撮影した瞬間から見た目とは違うモノになりますよね。レンズを通して、フィルムの種類であるいは撮像素子の性質で。だからレタッチしようがしまいが、撮影した瞬間から目の前の光景とは別もんが撮れてしまいます(^_^; だから結局は自分が気持ちよく見れたらそれが一番なのかもしれませんね。今日の紅葉も見事ですね。でもよく考えてみたら紅葉って....枯れていく過程の色ですよね。枯れるという事を考えると....枯れる=色が退色する、色が抜け行く(=奇麗ではない)みたいに感じてしまいます(笑) でも奇麗に感じますよね、紅葉って。人間の感覚って不思議(笑)


Commented by hishiayame at 2012-11-16 16:08
こんにちは。
あ〜R-D1の貴重な情報サイトお教え頂きありがとうございます!
知りませんでした。
僕も調整組ですが分解情報はとてもありがたいです^^
Commented by LEFTEYEZ at 2012-11-16 17:48
最近ちょっとライカ(とライカにつけれるレンズ)に興味出てきちゃったりしたりしてwww
ノクチ、相方君が持ってるから使ってみようかなぁ。

LEFTEYEZ_saori
Commented by tullyz2 at 2012-11-16 19:36
>voyagers-xさん 
写真もオーディオも同じで、所詮本物とは別物なので
いかに本物らしさを感じるかとか、あるいはいっそのこと
心地よければいいじゃんみたいな話ですよね。
もちろん記録装置としてのカメラは性能重視ですが。
紅葉する過程で葉っぱの色が変わるので、単に退色するだけでは
ないですね。でもどうしてあそこまできれいにする必要があるのか。
不思議ですね。自然って目的がないものはないと思うのですが。
人間や動物に苗や種を持ち帰らせて、増やすためなんでしょうかね。
鳥には紅葉はどう見えているんでしょうか^^
Commented by tullyz2 at 2012-11-16 19:39
>hishiayameさん
このサイトはすごいですよー^^ サービスマニュアル並みの情報です。
しかも隠しオペレーションとかも書かれているし。
軍艦部の開け方の説明はいつかきっと役に立つかなと^^
いつまでR-D1が動くかわかりませんが、長く使いたいカメラですね。
Commented by tullyz2 at 2012-11-16 19:42
>saoriさん
お、元気そうですね^^
そんな人が近くにいるなら絶対使わせてもらわなくちゃ!
今回の写真は条件が悪かったのであまり特徴が出ていませんが
人生観が変わるかもしれないレンズですから^^

<< 城下町酒楽祭り 2012 (1) 紅葉の鎌池 (10) >>